尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

official official twitter

official facebook

official twitter

イントロダクション

HKT48を知り尽くした女、指原莉乃・映画初監督作品 指原が伝えたかったHKT48のすべてがここにある。

image

九州は博多を拠点に誕生して4年。48グループのうち国内で4番目、末っ子のグループでありながら、
AKB48シングル選抜総選挙で連覇を果たした指原莉乃を中心に、破竹の勢いで快進撃を続けるHKT48。
今回が初となるドキュメンタリー映画の監督として白羽の矢が立ったのは、なんとグループのド真ん中にいる指原本人だった!
アイドルとしてはプロだが、映画監督としてはド素人。だからこそ、小手先のテクニックなんて意味がないとばかりに、
持ち前の好奇心と行動力を全開にして、カメラと共に体当たりで切り込む!切り込む!
創立当時からの貴重な映像とともに少女たちが刻んだ青春の記録を振り返りながらも、
指原監督によるインタビューを織り交ぜてメンバーの今と未来にもスポットを当てていく。
ときにやさしく心のひだを撫でるように、ときに相手の急所にメスを入れてまで、カメラの前で本音を吐き出させる!

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

運営スタッフにも突撃取材で切り込む指原 喧嘩上等!こんなHKT48に誰がした!?

情熱と挫折、光と影、理想と倦怠を繰り返しながら、それでも夢をあきらめず、たくましく成長していく博多の少女たち……。
メンバーの笑顔の奥で燃える赤い想いとはなんなのか。頑張っても報われていない子にいったい何を聞けばいいのか。
そもそも自分がHKT48に来て、本当に仲間のためになっているのだろうか?
指原監督の葛藤の矛先はついに、運営スタッフにまで向けられていく――。
この映画で私たちはプレイングマネージャーである指原莉乃とともに、
誰も立ち入ることのできなかった未知なる領域へと否が応でも足を踏み込むことになるだろう。

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image